たるみ・ほうれい線
2018.09.18

頬のたるみは改善できる?顔のたるみを予防する方法

頬のたるみは見た目年齢をぐんと引き上げてしまいます。毎朝のメイクで鏡を見るたびに、何だか頬がたれてきた気がするという方に、たるみの原因と、スキンケアや日常生活における正しい対策方法についてお伝えします。

監修医師

監修 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長  江波戸恵美

30代後半になると、20代の頃には気にもしなかった頬のたるみが目についたりします。頬が下がってたるむと、老けた印象を与えてしまいます。普段からスキンケアを欠かさないのに頬のたるみが気になる、という方は間違ったスキンケアをしているかもしれません。ここは30代後半からの頬のたるみの原因を確認したうえで、たるみを予防するおすすめのスキンケアやエクササイズの方法を紹介していきます。

頬のたるみの原因はなに?

30代後半以降は仕事や子育てで忙しくなる年代。忙しい毎日の中では自分のことはつい後回しになってしまいがちです。ふと気づくと「頬がいつからこんなに下がっているのだろう?」と驚くこともあるかもしれません。まずは頬のたるみの原因を確認しておきましょう。

肌の乾燥と水分量の低下

肌が乾燥すると肌の内側に蓄えられた水分が少なくなり、弾力やハリを失います。すると、肌は重力に逆らえなくなり、自然と下に引っ張られ頬がたるんでしまいます。

紫外線のダメージ

紫外線を浴びると酸化力の強い活性酸素が肌の内部に発生し、肌のハリや弾力に欠かせないコラーゲンやエラスチンを作り出す線維芽細胞にダメージを与えてしまいます。つまり紫外線を浴びることによって生じた活性酸素が原因で、肌のハリや弾力がなくなりたるみが生じるというわけです。

表情筋の衰え

表情筋とは、顔の筋肉のこと。表情筋が加齢や無表情などで衰えると顔の皮膚を支える力が弱くなるため顔全体のたるみにつながります。

姿勢の悪さ

猫背など姿勢の悪さもたるみの原因になります。デスクワークやスマートフォンの使用中は、無意識のうちに背中を丸めて前かがみになってしまいがちです。あごを突き出した状態になりやすく、自然と顔全体が下に引っ張られます。こうした姿勢では口角が下がってへの字口になって、シャープなフェイスラインがくずれてしまいます。

頬のたるみ対策!

たるんでしまった頬をセルフケアで改善するのは難しいものです。「頬がたるんできたかな?」と感じたら、これ以上、肌のたるみが進まないように対策をしましょう。予防方法はエクササイズやスキンケア、食事の改善などすぐにできるものばかりです。

表情筋を鍛えるエクササイズ

頬がたれる原因の1つに表情筋の衰えがあります。この表情筋をエクササイズで鍛えると、筋肉が皮膚の下の脂肪をしっかりと支えるため、顔が引き上がりリフトアップ効果が見込めます。また表情筋を動かすことで一時的にですが血行を促進させることができます。

簡単に行える「ベロ回しエクササイズ」

  1. 口を閉じ、歯の表面に沿うようにして下を回す
  2. 左周りに20回ほど行う
  3. 右回りに20回ほど行う

こちらを1セットとして、できれば1日3セット程度を目安に行いましょう。

たるみを予防するスキンケアを行う

保湿や紫外線対策を目的として行なうスキンケアはたるみの予防になります。使用する化粧品は、セラミドやヒアルロン酸など高保湿成分が含まれているものを使用加するとよいでしょう。紫外線対策として日傘や帽子、UVカット効果の高い日焼け止めをこまめに塗る、などの対策も同時に行いましょう。

姿勢や食生活を改善する

ハリや弾力のある肌を保つためには姿勢や食生活の改善も大切です。姿勢は普段から意識することで良い姿勢を習慣にすることができます。食生活では抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eの栄養を積極的に摂取することが重要になります。

ビタミンAは、豚肉や鶏肉、のりや緑茶などに多く含まれていて、乾燥などの改善にも役立ちます。ビタミンCはレモンやカリフラワー、ブロッコリーなどに多く含まれていて、抗酸化作用が高い栄養素です。シミやそばかすの予防やハリや弾力を生成するのに役立ちます。ビタミンEは活性酸素の発生を抑えてくれる働きが期待できます。ビタミンEは、アーモンドやひまわりの種、うなぎ、たらこなどに多く含まれています。

これらの栄養素をバランスよくとることを心がけましょう。またよく噛んで食べることも大切です。咀嚼(そしゃく)回数が多いと表情筋を活用するため、たるみの予防にも期待できます。

間違ったマッサージは逆効果!正しい方法と注意点

顔のマッサージは間違った方法で行うと肌にダメージをあたえます。マッサージを行うときは専用のマッサージクリームでやさしく撫でるようにしてください。特に目の周りの皮膚は薄いので気をつけましょう。

まとめ

30代後半以降の頬のたるみは、加齢、乾燥、紫外線、表情筋の衰え、悪い姿勢などが原因でおこります。たるみを予防するには表情筋のエクササイズやスキンケア、食事や生活習慣の見直しが大切です。日頃から紫外線防止や正しいスキンケア、エクササイズを実践してたるみ予防を図るようにしましょう。

今すぐ読みたい

「たるみ・ほうれい線」の関連情報

おすすめ情報