たるみ・ほうれい線
2018.09.18

目の下のたるみの原因は?老け顔を改善する方法は?

30代後半以降は、目の下や目元のたるみが気になり始める年代です。目の下のたるみを放っておくと、年齢より老けてみられる原因になります。今回は目の下のたるみの原因や正しい対処法についてお伝えします。

監修医師

監修 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長  江波戸恵美

30代後半にも差しかかると、20代の頃はなかった目の下のたるみによる「老け顔」や「疲れ顔」を自覚する方も多いのではないでしょうか。目の下がたるむ原因は加齢だけだと思われがちですが、生活習慣の中にも原因が隠されています。ここでは目の下がたるむ原因を確認して、日常でできるたるみ対策について紹介していきます。

目の下がたるんでしまう原因は?

目の下の皮膚は、皮膚が薄くてたるみやすい部位。たるみはじめた状態を放っておくと、たるみはどんどん大きくなってしまいます。そのため、たるみの原因を理解して早めに対策することが必要です。

たるみの原因①肌のハリや弾力が低下

肌は表面から表皮、真皮、皮下組織の順に層をなしています。この内、主に肌のハリや弾力に影響を与えるのが、真皮層で肌を内側から支えるコラーゲンやエラスチンなどの成分です。これらの成分が真皮層内を満たすことで肌のハリや弾力が生まれます。

コラーゲンやエラスチンは真皮内にある線維芽細胞によって作られますが、年齢が上がるにつれて線維芽細胞の生成能力は衰えていきます。これにより、真皮層内のコラーゲンやエラスチンの量が減少すると共に肌のハリや弾力の低下を引き起こし、やがて目の下のたるみに繋がっていきます。

たるみの原因②加齢による表情筋の衰え

目の周りには、眼球を支えるための眼輪筋(がんりんきん)と呼ばれる筋肉と眼球を保護している眼窩脂肪(がんかしぼう)があります。加齢とともに眼輪筋は衰えるので、その下にある眼窩脂肪を支えきれなくなります。その結果、眼窩脂肪が目の下に飛び出してきます。その眼窩脂肪が飛び出した部分が目の下のたるみになります。

たるみの原因③紫外線ダメージの蓄積

地上に届く紫外線にはUV-A波とUV-B波と呼ばれる2種類の波長が含まれています。そのどちらも過剰に浴びることで肌にダメージを与えるため、たるみを招く原因になります。

UV-A波は、肌の真皮層にまで到達します。真皮層には肌のハリや弾力を与える成分を生成する線維芽細胞があるのですが、UV-A波は線維芽細胞を破壊してしまいます。そのダメージが蓄積し、真皮内の成分が減少すると結果的にたるみを引き起こしてしまいます。

UV-B波は真皮までは届きませんが、肌の表面にある角質層のバリア機能を破壊し、肌の表面に炎症(日焼け)を起こします。角層のバリア機能が乱れると、角層の保湿力が低下するため乾燥しやすい状態になります。これにより、UV-A波をはじめ外部からの刺激を受けやすくなります。

たるみの原因④乾燥による肌表面の潤い不足

乾燥によって肌の表面の水分や油分が不足するとバリア機能が低下し、外部の刺激によるダメージを受けやすくなります。真皮のコラーゲンやエラスチンが破壊されるとハリや弾力がなくなります。

目の下のたるみを防ぐためのスキンケア

目の下のたるみを少しでも防ぐために、普段のスキンケアでも意識することは重要です。

目元にもしっかりと保湿ケア

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分は肌の保湿ケアに役立ちます。みずみずしくハリのある肌に近づくためには、これらの成分が含まれた化粧水や美容液を選んでスキンケアをすることがおすすめです。

目の周りの皮膚は薄くて敏感なため、これらの化粧水や美容液をゆっくり優しく肌になじませていきます。化粧水や美容液で目元に水分を与えたあと、それでも乾燥してしまう場合は、アイクリームを上からなじませて油分を加えるなどして、乾燥しないようにしましょう。

目の下のたるみ防止エクササイズ

ここからは、30代後半からとり入れるのにたるみ改善に役に立つエクササイズとスキンケアをご紹介します。ただし、あくまでエクササイズなので劇的な効果があるというものではありません。また、目の周りの皮膚は薄くて敏感なので、やり過ぎに注意しましょう。

表情筋を鍛えるエクササイズ

目の下のたるみを解消するには、目の周りを囲んでいる眼輪筋を鍛えることでたるみを引き締めるエクササイズがおすすめです。

眼輪筋を鍛えるエクササイズ

  1. 目に力を入れて5~7秒間ほど閉じる
  2. 目を閉じたまま、力を抜く
  3. 目を5~7秒間ほど大きく開ける。このとき眉毛を上げるように意識する
  4. 目を大きく開けた状態から、ゆっくりと元の自然な状態に戻す

目元にエネルギーを!顔ヨガ

顔ヨガで表情筋を鍛えて、顔のめぐりアップを目指します。これにより、目の下のたるみやクマにもアプローチできます。

顔ヨガで下まぶたを鍛える

  1. 口を「お」の形にしたら鼻の下を伸ばす。このときほうれい線が消えるように意識する
  2. 目線を天井に向け、鼻の下をさらに伸ばす
  3. 鼻の下が伸びている状態で下まぶたをゆっくりと持ち上げ、目を細めてそのまま5秒間キープする
  4. ゆっくりと、もとに戻していく

まとめ

30代後半以降の目の下のたるみの原因は、加齢や紫外線によって目の周りの筋力の低下や肌のコラーゲンやヒアルロン酸が不足してしまうことです。目の下のたるみは老け顔や疲れ顔の原因にもなります。日頃から表情筋を鍛えるエクササイズや顔ヨガを行い、肌のハリに効果的な成分が含まれている化粧水や美容液、アイクリームなどでやさしくスキンケアするとたるみ予防ができます。

今すぐ読みたい

「たるみ・ほうれい線」の関連情報

おすすめ情報